« 2009年10月 | トップページ | 2010年11月 »

2009年11月

最近

誕生石は自分の生まれた月にちなんだ宝石ですが、身につけていると何らかのご加護があると言われています。
誕生石の組み合わせが月によって少しずつ違うのは、1912年にアメリカの宝石商組合が決めたものが年月を経て形を変えながら広まったからです。
誕生石は元々、ユダヤ人の宝石商が18世紀のポーランドに広めたのが始まりと言われていますが、20世紀になると販売戦略として使われたようです。
誕生石は、身につけることで効力を発揮します。また、石ごとに持つメッセージは多彩なものですが、実際にどのような意味があるのかを見てみましょう。
例えば、2月はアメジストが誕生石です。誠実さや心の平和を表すこの石は、恋愛の守護石でもあり、また悪を寄せ付けなくするとも言われています。
そして、12月の誕生石であるトルコ石の宝石言葉は「成功を保証する」。危険を遠ざけて、幸運を招き入れる力を持っています。
誕生石がその月に生まれた人を守り、幸運をもたらすという神話は、今でも世界中で信じられています。宝石商のセールスのためという理由もあるのでしょうが、やはり神話を信じたいものです。
また、最近では自分の誕生石をつけるだけでなく、その月々の誕生石をつける月代わり利用法を楽しむ人もいるようです。

先日沖縄に行ってきました
綺麗な海で癒されました
ダイビングもして、すごくリフレッシュできました
海と言えば、夏 むだ毛処理をし忘れて行ってすごく後悔した思い出がありますw
かなり恥ずかしかったな~

話はそれましたが、沖縄の綺麗なサンゴや海を守るために
ダイビングショップの人たちが頑張ってくれている、という事を
知ってすごく感動しました。
綺麗な海を維持するってことは大事なことです!

| | コメント (34) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年11月 »