トップページ | 最近 »

風水のチカラ

風水インテリアのさまざまな本が出版されていますね。

たとえばお金がたまる風水を作るために部屋のある方角に黄色い色の絵を貼りなさいとか。 風水を実践する前に風水とはどのようなものなのか知ることが大切です。

風水は中国でさまざまな国の栄枯盛衰を調べてきた学者が見つけ出した法則で、その場所の運気を上げる最高の地勢を知る方法です。 風水は都市、それも王宮を抱える国家の首都となる都市を建設するために編み出された学問ですから、現代にあっても都市建設のためにこそ活用されるべきものですが、日本のどこにそれを新しく計画する場所が残っているでしょうか?

インテリア風水では、都市計画ではなくて家そのものを、あるいはマンションの部屋そのものを風水に当てはめる空間として考えて、よい運勢を家に招こうというものです。 人にはそれぞれ生年月日や生まれた場所などで運気というものが定められるといわれます。風水インテリアでは生活空間である室内や家屋内の運気を風水に基づいて整えることで個人の運気もよくしようという考え方です。

風水インテリア術では実際にどうやってインテリアと風水を上手く組み合わせて考えていけばいいのでしょうか?基本はやはり風水なのですが、例えば家はどういった場所、間取りがいいのか?道路や川といった近所の地形は?など色々な疑問が出てきます。 風水の基本の考え方に五行があります。

万物を5つに分類するというもので、ファイナルファンタジーで風水師に技を覚えさせたときのあの木、火、土、金、水の五種類の分類ですよ(笑)。 風水インテリアへの五行の応用は、家具や装飾品をすべてこの五行の中に分類することから始まります。それぞれ分類したものをどういう配置で置くのかがインテリア風水の鍵を握ります。

風水インテリアなんてドクターコパの金儲けの陰謀だ、と思う人も多いと思いますが(私もそうでした)、実は風水インテリアを家屋内に当てはめると、実際に家屋内の空気の流れがよくなることが多いのです。

風水インテリアにしたがってベッドの位置を変えたところ、変える前のベッドの下の床がカビでいっぱいだった。風水インテリアにしたがって配置したらカビが付かなくなった、そういう実例もあります。 風水インテリアの考えに従った配置をすることで運気のよい部屋を作れば、準備は整いました。

風水インテリアはあくまでも補助的なものです。まずは自分自身が幸運になるという身構えが必要で、これがあってこそ風水インテリアが生きてくることは忘れないでください。

|

トップページ | 最近 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1279010/31643387

この記事へのトラックバック一覧です: 風水のチカラ:

トップページ | 最近 »